校正者のひとりごと 2

校正者のひとりごと 2

2024.3.6   「おはよう」は何時まで?

校正では時間の妥当性もチェックする。原稿に「13時に朝食を食べた」とあれば、当然「朝食ではなく、昼食では?」と指摘する。
そういうことが身についているせいか、校正の職場ではおもしろいことが起こる。
出社して「おはようございます」と挨拶すると、職場のみなさんは、机に向かいながらも「おはようございます」とはっきり挨拶を返してくれる。これは会社の普通の情景だ。校正プロダクションでも同様である。
しかし正午を越えると様子が変わってくる。
正午を少しまわって出社し、「おはようございます」と挨拶すると、みなさんの反応は「お……う…ざいます…」と、はぎれが悪くなる。さらに遅くなり13時を過ぎて「おはようございます」と入って行くと、「…………す」と、ほぼ聞き取れなくなる。
遅く出社したから挨拶してくれないわけではない。その証拠に、13時に「こんにちは」と入っていけば、「こんにちは」とはっきり返ってくる。
つまり、昼を過ぎたら「おはよう」はそぐわないので、みなさん言葉に詰まっているのである。しかし挨拶を返さないわけにもいかず、「…………す」になってしまうというわけだ。おそらく。

2024.3.20  信じる者は救われない 

人間関係でも仕事でも、素直さというのは大切だが、校正においては、何でも信じてしまうという意味での「素直さ」は仇になる。
仕事は、ゲラに書かれた一字一句を疑わないと始まらない。そして内容の真偽も調べなければならない。
その調べ物をするインターネットの記事に至っては、ウソだらけだ。人名の漢字、番地の数字、社名の表記、西暦と元号、国名のカタカナ、アルファベットのスペル、計算……。「日本一」だの「世界唯一」などと堂々と書かれていても、そのほとんどは根拠がない。常に疑いの目で見て、確認しなければならない。
そんなにしっかり見たはずなのに、最後に念のためにとゲラをさらっと読んだら、致命的な誤字の見落としに気づき、心臓が止まりそうになることもしばしば。
いちばん信じてはいけないのは自分の目だということを、そこで痛感する。

2024.4.19  頼むからコピペして!

今でも、手書きの原稿とゲラを照合する「ザ・校正」というものはある。そういうものは手入力しているのがわかっているので、校正では一文字ずつ念入りに文字を追う。
だが、雑誌などの情報はWebサイトなどからコピペしていることがほとんどだろう。特にURLや、住所、電話番号などの「データ」は、効率を考えたらコピペするはずである。
校正の際、もちろんしっかりサイトと照合はするが、正直言って、長いURLを一文字ずつ見てはいない。ある程度かたまりでざっと見ていることが多い。
が、まれに、URLの間違い、たとえばlがrになっていたり、画数の多い漢字、たとえば鳶が鷲になっていたりすることがある。つまり誰かが手入力しているのだ。
こちらはコピペだと思って油断しているので、ドキッとする。
なにか事情があったのだろうが、心臓に悪い。仕事なんだから油断するなと言われれば返す言葉がないが、誤字のリスクを減らしたいのなら、できる限りコピペすべきだ。せめてURLは。
もっとも、読者がURLを一文字ずつ入力してサイトを開くとは思えないが……。

2024.5.26  「写真」は「イメージ」ではありません

「写真はイメージです」は、校正中にも時々お目にかかる言葉である。
もともとは、菓子のパッケージなどで、味をイメージさせる写真を使っているときに見かけるものだった。
今は雑誌でもよく見る。
旅行雑誌でも、その場所をちゃんと撮影したものだろうに、「写真はイメージです」と書かれていたりする。
「この写真と実際とでは景色が違ったじゃないか!」という、読者のクレームを避けたいのだろう。いつもまったく同じ景色であるはずはないのに。
クレームに苦慮している出版社のお気持ちはわかるが、その場所を撮ったことは真実なのだから、「イメージ」というのはどうしても引っかかる。もっといい表現はないのだろうか。
最近買ったハーゲンダッツのカップを見たら、明らかにイメージ写真(イラスト?)を使っていたが、「イメージです」という表記は見当たらなかった。何かスッキリした。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。